ブログ

ブログ一覧

待機時間記録義務化


「トラックの待機時間 記録義務化」という驚くべきニュースを見ました。 ようやく運送業者の大きな問題が解決に向けて動き出すきっかけになるかもしれません。 ただいつも思うのは目的は単純なのに外堀を埋めるような抽象的で核心を突かない方法に苛立ちを感じます。
 これでは運送を使うお客様には真意が伝わりにくい。 肝は適正価格の収受、つまり運賃の上昇です。必要なのは適正な運賃を頂くために商品価格の上昇を社会的に認めてもらうアピールです。 (確かにその発信を運送業者が仕事がなくなるのを恐れるがために、してこなかったことに大きな問題があるのですが…)
 特に食品系は、低価格が競争力の最たるところとなっていて、メーカー様も苦戦を強いられているのは明白でしたので、それに携わる運送業者も長い間何とか耐え忍んできましたが、近年の適法強化と諸コストの増加、とどめは人手不足により業界そのものが危機的な状況になっております。
雑な表現ですが、実際に、合法的で健全な運送会社を維持しようとすればほぼ1.5倍~2倍の運賃が必要です。 これだけ頂ければ運送の現場は労基法的にも特例扱いの必要もなく、標準的な労働条件になり、やがては職業としての魅力が回復し、ドライバーのなり手も増えます。 ただそうなれれば、物の価格に大きな変動が起きます。この根本的なことを皆さんに事前に周知して生じるひずみを最小限に抑える広報が必要です。
 
 しばらくは運賃に大きな開きが出始めると思われます。 現在でもそうですが、合法化を進める企業と、まだほとんど気にせぬまま走る企業との格差がさらに大きくなります。
 運送会社の質も二極化に向かうと推測でき、つまりは確実で安定した物流を確保するコストが今よりも格段に大きくなり、それを払えない場合は低価格・低品質・不安定の物流業者を使わざるを得ず、結局商品価値を損ねるリスクにさらされることとなり得ます

私は2.3年前から、お客様に運賃が急激に跳ね上がる時が来ます。だから商品価格・売り方を
今のうちからその時に対応できるよう準備することが必要ですと訴えてきました。
「安くて高品質の運送」は急激になくなってきます。 対応できる輸送量もどんどん柔軟性がなくなってきています。
私が言うても多くの方には届きません。でもこのことは運送をご利用される各企業様における今後の営業戦略に大きな影響が出る可能性があります。 ぜひそのことを伝えてもらいたいものです。

 

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000128.html

      http://www.mlit.go.jp/common/001186733.pdf

荷卸し時相互立会キャンペーン

トラック協会タンクトラック部会主催の「荷卸し時相互立会キャンペーン」期間になりました 私たちの業務は非常にリスクが高いと認識していますが、やはり過去の習慣でまだまだ立ち合いのない納入先がございます。どうか安全確保のためお手間かとは思いますが、現場立ち合いをお願い申し上げます。
 何かトラブルが起きても昔は後片付けで事が足りていましたが、昨今の情報化の中では小さなミスでもお客様にとって大きなダメージとなることがございます。かつてはサービスのつもりでお客様のお手間が省けるならいいとどんな作業でもさせて頂いてきましたが、今は私達だけでは収拾のつかない事態に陥ってしまいます。 ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

 
 

目標 事故ゼロ!

先日、あるセミナーでいいアイデアを頂きました。「まず今日事故ゼロ、これならできそうですよね。それを365日繰り返せば1年事故ゼロです。」と。なるほどできそうです。 去年、保険屋さんに目標は「事故ゼロでしょ」と言われ、納得していたものの、力のある言葉にできないままでしたが、このアイデア勝手に頂きました。
 予てよりいろいろ対策はしていましたが、どこか「プロだから無事故で当たり前」的意識がありました。 過去はついつい荷役事故防止ばかり気が行きがちでしたが、数年前、運送屋の最大のリスクは路上にあると思い、それ以来交通事故防止にも力を入れています。 確かに保険屋さんにも事故は少ないですねと言われてますが、でもゼロにしたい!
 冷静に考えれば当社のドライバー一人当たりの平均走行距離は年間約7万km、地球を1.75周もの距離を時間と勝負しながら、込み合った道を走ってくれてるわけで、なかなかのものです。これがほぼ無事故とは相当な努力の賜物と感謝しつつ、全交通関係者が事故に遭わないことを願いつつ、目標「事故ゼロ!」と書き換えました。
 これからも一つでも事故の芽を潰していけるよう努力しつづけます。

 

お盆休み

このホームページをリニューアルして早3か月、お盆になってしまいました。お盆期間中も営業されているお客様がいらっしゃいますので、やはり物流も動いております。この時期私たちは特に安全運転に注意しておりますが、如何せん車体が大きいもので、安全のためには皆様のご理解とご協力も不可欠です。どうぞよろしくお願い致します。

運送屋からの乗用車の方へ本音の一言、

 「高速道路で大型トラックの間(前後)での走行は極力避けてください」

大型トラック、乗用車、大型トラックの順で走っていると、後ろのトラックは車体の大きさの違いのせいでついつい、乗用車の先のトラックに意識が寄りがちです。このヒューマンエラーは非常に起こりやすいものです。 当然私たちも十分注意してますが、乗用車の皆様も車線変更の際にはできるだけトラックの前は避けて頂いたほうが賢明かと思います。

 

ホームページ大改造中です

インターネットは有り難いもので、私たちを多くの方と繋いでくれました。
素人ながら自分で作っているのですが、今の物は約4年ほど前のベースで最近の
スマホでの閲覧には非対応でしたので思い切って作り替えています。
まだまだ作成途中ではございますが、またご縁を繋いでくれたらと思い少しづつ
作り込んでいきます。 これからもよろしくお願い致します